お問合せ窓口:0120-005-341

文字サイズ変更

小

中

大

製品案内

画像_黒コウジ酢は大量生産に、はしらない。箱入り娘を育てるようじっくり、ていねいに、手間ひまをかけてつくります。伝統的な甕仕込み製法を採用

黒コウジ酢

クエン酸とアミノ酸を含有!

画像_LANIE-WHITE レニエ-ホワイト

黒コウジ酢は、黒麹菌で仕込んだもろみを原料にかめ仕込みでつくられたものです。

クエン酸と18種類のアミノ酸、ポリフェノールなどが含まれます。

なお、食酢に含まれる酢酸は微量にしか含まれませんので、すっぱいものが苦手な方でも、おいしくお飲みいただけます。

無料サンプル

720ml 5,300円(税別価格)


border

●特徴

  1. 黒コウジ酢は、米、酵母、黒麹菌、黒糖のみを使用し、甕仕込み、甕熟成でつくられています。
    (ステンレスタンクによる製造とは異なります。)
  2. 18種類のアミノ酸とクエン酸、ポリフェノールが含まれています。
  3. クエン酸が主成分で、酢酸の含有量が低いため、刺激が少なく飲みやすいものになっています。
  4. 波照間産黒糖(国産)を使用しています。
    (カロリーは30mlで20kcalです。)
  5. 合成添加物及び醸造酢やアミノ酸を添加していません。
    (原材料名をご確認ください。)
  6. ISO国際規格に対応した酒造場で生産しています。
 
画像_クエン酸

クエン酸などの有機酸が体に良いことは、よくいわれていることです。欧米でも、リンゴ酢をはじめ、健康と美容のために多くの人々に飲まれてきました。
また、ノーベル賞を授与されたイギリスの学者クレブス博士の「クエン酸サイクル学説」にもあるように、クエン酸は体に大切な成分です。

●クレブス博士の「クエン酸サイクル学説」とは?
画像_クエン酸サイクル学説

イギリスの学者、クレブス博士の学説で、これによりノーベル賞を授与されました。この学説を要約しますと下記のとおりです。
体内で、でん粉をブドウ糖に、たんぱく質をアミノ酸に、油をグリセリンと脂肪に分解することを消化といい、消化した栄養分はクエン酸によって次々と酸にかわりながら、熱を出し、炭酸ガスと水になります。
この循環がクエン酸サイクルとよばれるもので、クエン酸がその原動力となっています。

 

●黒コウジ酢の有機酸の量(100ml)

天然クエン酸 670〜740 mg

●アミノ酸分析表(100g中)

アルギニン 150mg アラニン 155mg
リジン 84mg グリシン 110mg
ヒスチジン 49mg プロリン 110mg
フェニルアラニン 65mg グルタミン酸 267mg
チロシン 88mg セリン 95mg
ロイシン 108mg スレオニン 83mg
イソロイシン 80mg アスパラギン酸 191mg
メチオニン 30mg トリプトファン 8mg
バリン 100mg シスチン 32g
■クエン酸(100ml中/mg)
黒コウジ酢 黒酢A 黒酢B
740 6 20

■アミノ酸とは

最も重要な栄養素・アミノ酸

人間の脳、内蔵、筋肉、神経、血管、皮膚、毛髪などはアミノ酸からつくられます。この重要なアミノ酸は、体内で合成できず食事から摂らなくてはならない「必須アミノ酸」と、体内で合成できる「非必須アミノ酸」にわかれ、特に必須アミノ酸は健康のために不足しないよう、毎日摂ることがとても大切です。

■アミノ酸(100ml中/mg)

グラフ_アミノ酸(100ml中/mg)

●お召し上がり方

添付のキャップ(約30ml)を使って1日1杯〜2杯程度お飲みください。酸味をおさえ大変飲みやすくなっておりますが、うすめて飲んでいただいてもかまいません。

●生産者

画像_石川酒造場 社長 石川信夫

石川酒造場 社長 石川信夫

ステンレスタンクによる製造がすすむなか、 沖縄県で唯一もろみの発酵から貯蔵まで 一貫してかめで行うことにこだわる一方、 国際規格であるISOの取得にいち早く着手し常に前向きに取り組む。

画像_経済産業大臣賞 受賞

経済産業大臣賞 受賞

●原料

画像_米

画像_米

酵母

画像_米

黒麹菌

※こだわり

黒コウジ酢の原料は 米、酵母、黒麹菌、黒糖のみです。
原料にこだわり破砕米を使用せず、丸米を使用しています。
最後に加えられる黒糖も波照間産(国産)のものを使用しています。

●黒コウジ酢の作り方

画像_製麹

製麹

蒸しあがったお米に黒麹菌を散布し温度を維持しながら2日おき、米麹 を造ります。

画像_▼
画像_かめ入れ

かめ入れ

出来あがった米麹に水を加え、かめに移します。

画像_▼
画像_発酵

発酵

すぐに発酵が始まります。

画像_▼
画像_かめ仕込み

かめ仕込み

全体をムラなく発酵させるため毎日「櫂入れ」とよばれるかくはん作業が行われます。

画像_▼
画像_かめ熟成

かめ熟成

一石かめによりさらにかめ発酵が進みます。
そして熟成させます。

画像_▼
画像_製麹

蒸留

さらに熟成させて蒸留、圧搾の工程をへて、黒糖が加えられ、黒コウジ酢が完成します。

●新聞掲載広告

画像_黒コウジ酢新聞掲載広告
border

黒コウジ酢カプセル

天然クエン酸とアミノ酸、食物繊維を含有!

画像_黒コウジ酢 カプセル

沖縄でもっとも伝統のある甕仕込みの黒コウジ酢を、いつでもどこでも、手軽に飲めるようにという要望にこたえて研究をつづけ、完成したのが「黒コウジ酢カプセル」です。

カプセルにつめる場合、液状のままですとごく少量しか入れることは出来ませんが、「黒コウジ酢カプセル」は独自の製法で、顆粒にすることに成功しました。

黒コウジ酢の主成分であるクエン酸・アミノ酸を豊富にしかも油や乳化剤を使用せずカプセルに入れる事が可能になりました。また、食物繊維も含まれています。

150cap 2,700円(税別価格)

300cap 5,300円(税別価格)

150cap
300cap
border

●特徴

  1. 黒コウジ酢カプセルには、18種類の豊富なアミノ酸やクエン酸が含れています。
  2. 原料の黒コウジ酢は、甕仕込み・甕熟成によりつくられています。
  3. カプセルにつめる際、油や乳化剤を使用していません。
  4. 食物繊維が10g中に約1.4g含まれています。
  5. わずかな酸味でも苦手な方におすすめです。
  6. 小粒のハード・カプセルに仕上げてあるので大変飲みやすくなっています。
  7. 携帯にも便利です。

●アミノ酸量(8capあたり)

アルギニン 67mg アラニン 80mg
リジン 35mg グリシン 158mg
ヒスチジン 13mg プロリン 102mg
フェニルアラニン 33mg グルタミン酸 132mg
チロシン 25mg セリン 41mg
ロイシン 51mg スレオニン 27mg
イソロイシン 26mg アスパラギン酸 68mg
メチオニン 19mg トリプトファン 6mg
バリン 37mg シスチン 13mg

●原料

黒コウジ酢カプセル

クエン酸、アミノ酸を豊富に含む、沖縄の黒コウジ酢を使用しています。また、ポリフェノールやビタミンB群も含まれます。

画像_矢印

一般の黒酢カプセル

酢酸が多く、わずかしかクエン酸を含まないものや、アミノ酸の量が、黒コウジ酢に比べ少ないものがほとんどです。(国産や中国産があります。)

■クエン酸(100ml中/mg)
黒コウジ酢 黒酢A 黒酢B
740 6 20

■アミノ酸とは

最も重要な栄養素・アミノ酸

人間の脳、内蔵、筋肉、神経、血管、皮膚、毛髪などはアミノ酸からつくられます。この重要なアミノ酸は、体内で合成できず食事から摂らなくてはならない「必須アミノ酸」と、体内で合成できる「非必須アミノ酸」にわかれ、特に必須アミノ酸は健康のために不足しないよう、毎日摂ることがとても大切です。

■アミノ酸(100ml中/mg)

グラフ_アミノ酸(100ml中/mg)

●つくり方

黒コウジ酢カプセル

かめを使用し、時間をかけてつくられています。(米・酵母・黒コウジ菌が主原料です。)

画像_矢印

一般の黒酢カプセル

ステンレスタンク等において、発酵を早めるために熱を加えたり、アルコールを加えたりして短時間でつくられているものが多いようです。

●その他の原材料

黒コウジ酢カプセル

独自の方法で黒コウジ酢をそのまま粉末化してカプセルにつめました。そのため油や乳化剤を使用せずつくられています。

画像_矢印

一般の黒酢カプセル

主原料となる黒酢の量よりも多くの油や乳化剤を使用し、 ソフトカプセルにつめているものが多いようです。(又、クエン酸やアミノ酸、ビタミン類が添加されているものも多いようです。)

画像_黒コウジ酢カプセル

黒コウジ酢カプセル

画像_黒コウジ酢カプセル

一般の黒酢カプセル

●お召し上がり方

一つの目安として、1日に約8カプセルを水と一緒にお召し上がりください。